美白化粧品 おすすめはこれ!美容のプロだけが知っている秘密の美白方法

美白化粧品、本当におすすめできるものは?!

誰しもが憧れる美白!

 

シミ一つ無い、澄みきった陰りの無い白い肌!

 

美しい美肌をイメージするとき連想しますよね。

 

美白化粧品夏の肌悩み女性なら誰しも鏡に映るシミやソバカスに悩まされますよね。

シミやソバカスやくすみって美白化粧品をつかってればお肌も白くなるのでしょうか?
はっきり言って美白化粧品でお肌は白くなりません!

 

美白化粧品で、予防やシミが潜んでいる部分には美白化粧品は確かに美白成分が働きかけてはくれます。

 

即ちシミに対してはアプローチはしてくれます!

 

ただ間違った使用方法やお肌に合う美白化粧品を使うことを、お奨めします

 

 

美白化粧品の使用を意識するのが殆どの人は春から夏にかけての理由

 

それは、紫外線がきつくなるのを感じるからですけども。

 

美白化粧品の目的は

 

美白化粧品夏の季節が対策シーズン

1 シミを薄くしたい無くしたい

 

2 ソバカスが気になる 

 

3 くすみを取りたい。

 

4 毛穴の黒ずみが気になる

 

5 そして肌を白くしたい!

 

どれも女性なら、なりたいお肌ですよね。

 

シミを薄くしたい無くしたい

 

お肌のターンオーバー(新陳代謝)を正常にする肌の新陳代謝(ターンオーバー)とは新しい基底細胞が作られます。
その基底細胞が有棘層・顆粒層・角質層の順番に上に上にと上がっていき、最後にはアカとなってはがれていくことを言います。

 

美白化粧品食事の大切さを意識毎日、私たちの肌は繰り返しているのです。

 

食事と睡眠は大切な役割をします。

 

そして美白化粧品も毎晩のケアでシミへのアプローチも大切です。

 

特に美白美容液と日焼け止めケアを!

 

 

ソバカスが気になる

 

小児期に出現したそばかすは、思春期以降になると自然に数も減って薄くもなります。

 

そして小さいシミのことをそばかすとも呼んでいますが、雀の卵の模様に似た、細い筆でハネたような色素斑なので雀卵斑ともいいます。

 

殆どが遺伝によってできます。

 

年齢と共に薄くなるとも言われていますが、ソバカスは色白の人に多くみられます。

 

また肌色が白い方は紫外線お影響も受けやすいので紫外線対策はしっかりと!

 

 

くすみを取りたい

 

加齢によるお肌のくすみや肌表面に不要な角質が剥がれ落ちていない、特に加齢によるお肌の黄くすみが一般的に多いかと思われます。
他には皮脂の分泌が多いためファンデーションと混ざり合って、くすみとなり、どんよりした顔色に見えます
洗顔と美白化粧品と美白マスクがおすすめです

 

朝にメイクする前には特に化粧水を念入りに・・・(お肌に充分な水分(美白化粧品)を補うことで、メイクの崩れから、皮脂を抑える効果と、またお肌が乾燥していると、非常に、どんより、くすんで見えるので美白化粧品(スキンケア)でしっかり保湿が肝心です!

 

ファンデーションが崩れてきたら小まめに(あぶらとり紙で)皮脂を取る!

 

夜には美白スキンケアでお手入れを!

 

 

毛穴の黒ずみがきになる

 

毛穴の詰まり)や(メラニン)や(うぶ毛)の3つが毛穴の黒ずみ原因なのです!
毛穴の詰まりの原因は皮脂が出てその皮脂が酸化することで毛穴が黒くなるのです。
それは誰しもが経験することです。(洗顔を擦り過ぎずにする)美白洗顔も良いでしょう

 

 

メラニンは

 

紫外線を浴びてしまったお肌は紫外線の影響によりメラニンが原因です。
美白洗顔と日焼け止めや美白美容液でケアを!
また美白化粧品(パック等で部分的なケアを心がけましょう)
気になるから・・・って触り過ぎないことも大事です

 

 

うぶ毛

 

うぶ毛は時として黒く光の加減で黒く見えたりします。
また短くて透けて見えて生え際の毛穴が黒く見えます。(小鼻のマスクが良いでしょう)

 

 

そして肌を白くしたい!

 

 

女性なら誰しもが憧れる雪の用に真っ白な素肌・・・

 

くすみもなく陰りもなく、そしてシミのない透明肌

 

憧れませんか?


 

でわ、ここではお肌を白くする!以前に「日焼けをしない事が1番です!

 

美白は焼けない事が1番の美白なのです!

 

美白化粧品で毎晩ケアしても、日中紫外線にさらされていては、美白には追い付けないのです。
日中浴びた紫外線は、その日のうちに美白化粧品でケアするとシミやくすんだお肌にならないのです。

 

そして

 

保湿をしっかりする!

 

美肌の鍵をにぎるのは保湿です「与えることも大事ですが、逃がさないことも大事です

 

 

逃がさない?

 

人間の体は65%〜70%が水分です。

 

そして水分は多いところから少ない所へ移動する性質がありますが、「水分の蒸発」しかし・・・日中紫外線にさらされたとしても、体内の水分が蒸発することはないのです。
人間の肌は「バリア機能」で守られているのです、その過程がメラニンです。
紫外線からお肌を守ろうとするのがメラニンです。

 

しかし・・・紫外線を浴びすぎると過剰なメラニンが放出されて出来たのがシミなのです。

 

「バリア機能」が低下すると水分が保てなくなり肌体力が弱まり、肌の水分が内側から蒸発しやすくなります。
肌表面はガサガサになり、美白化粧品をケアしても、お肌自体が受け入れにくくなるのです。

 

その為お肌が硬くなり、紫外線の影響を受けやすく、シミやくすみになります。

 

質の良い日焼け止めで紫外線からお肌を守る!そして乾燥しない元気なお肌をつくるってことが大切なのです!

 

 

 

シミを徹底的に知り尽くす!!

 

 

まずは知って欲しいあなたのシミ

 

 

どこにどのように表れているか

 

 

シミがどのような色なのか

 

 

間違った美白化粧品を、すすめられるまま使用していないか

 

 

そして1番は

 

日中日焼け止めでしっかり紫外線から防御できているか・・・等々

 

 

でわ・・・

 

 

シミには4タイプあります。

 

 

まずは自身のシミが何処に、どのように見えてるかをしっかり把握して正しいお手入れをする。

 

「老人性色素斑」

 

一般的に1番多いシミで頬やこめかみに丸く出来るシミ。

 

 

原因は

 

長年蓄積された紫外線の影響でメラニンが増えて薄茶色から茶褐色のシミとしてでてくるもの。

 

 

「炎症性色素沈着」

 

あご下にできやすい

 

原因は

 

虫刺されや、ニキビや傷等で茶色く残ったもので、つぶしたニキビ等が茶色くなり色素が残った状態。

 

 

「雀斑斑」そばかす

 

特に鼻周りに小さくできる

 

原因は

 

多くは10代に出来るが遺伝的なもので、鼻を中心に小さく散らばってきます。

 

 

「肝斑」

 

左右対称でもやもやとしたシミ

 

原因は

 

頬骨を中心に左右対称に出来るシミ。

 

女性ホルモンのバランスによるもので、肝機能障害とは違います

 

 

 

これらのシミに効果がある美白化粧品はあるの〜?

 

 

4タイプのシミの種類がありますが、美白化粧品おすすめ商品は沢山あります!

 

ただ何度も言いますが「美白化粧品で白くはなりません」。

 

 

シミを作らせる原因は

 

紫外線や肌乾燥や食生活 そして加齢によるものです。

 

一般的には紫外線でのシミ予防は最近ではどなたもされているようですが、幾ら頑張って日焼け止めや美白化粧品でケアしてもダメです。

 

女性ホルモンや活性酸素も要因として考えられるからなのです。

 

ただ私たちが意識的にシミを作らせないようにするには、手短には日焼け止めで防御する。

 

そして規則正しい食生活と質の良い睡眠が1番しなければならないことなのです

 

もちろん、それを基本に美白化粧品は無くてはならないものなのです!

 

 

 

美白化粧品を選ぶ時には必ず成分表示を見ましょう

 

1、アンチエイジング効果のある
 ビタミンC誘導体

2、シミやそばかすを防ぐ
トラネキサム酸 エラグ酸 プラセンターエキス ルノシール ハイドロキノン

3、肌に潤いを与える
セラミド コラーゲン ヒアルロン酸 NMF(天然保湿因子) 

 

 

他多数のお肌に有用な成分が表示されているので、しっかりチェックして美白化粧品を選ぶのが良いと思います。

 

女性にとって「美白」は永遠のテーマーですが、美肌は日々のスキンケアでこつこつケアが肝心です!

 

磨けば磨くほど、理想なお肌につかずけることが出来るのです!

 

ただ間違った使い方や認識をすると、いつまでも悩みを持ち続けて、嫌でも一生付き合わないと・・・ですよね!

 

 

美白はシミ予防と保湿!この2つの意識で美白美人は叶えられます。